刑法第257条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(親族等の間の犯罪に関する特例)

第257条
  1. 配偶者との間又は直系血族、同居の親族若しくはこれらの者の配偶者との間で前条の罪を犯した者は、その刑を免除する。
  2. 前項の規定は、親族でない共犯については、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第256条
(盗品譲受け等)
刑法
第2編 罪
第39章 盗品等に関する罪
次条:
刑法第258条
(公用文書等毀棄)
このページ「刑法第257条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。