刑法第41条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(責任年齢)

第41条
十四歳に満たない者の行為は、罰しない。

解説[編集]

本条は責任年齢についての規定である。これにより、14歳未満の者は刑法上責任能力がないものとして扱われる。これらの者を刑事未成年者と言い、法に触れる行為を行った場合には触法少年と呼ばれる。

このページ「刑法第41条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
前条:
刑法第40条
削除
刑法
第1編 総則
第7章 犯罪の不成立及び刑の減免
次条:
刑法第42条
(自首等)