刑法第64条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(教唆及び幇助の処罰の制限)

第64条
拘留又は科料のみに処すべき罪の教唆者及び従犯は、特別の規定がなければ、罰しない。

解説[編集]

本条は、w:拘留w:科料のみに処すべきものとされている、軽い犯罪のw:教唆w:幇助は、特別の規定がない限り罰しないと定めたものです。



前条:
刑法第63条
(従犯減軽)
刑法
第1編 総則
第11章 共犯
次条:
刑法第65条
(身分犯の共犯)
このページ「刑法第64条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。