刑法第65条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(身分犯の共犯)

第65条
  1. 犯人の身分によって構成すべき犯罪行為に加功したときは、身分のない者であっても、共犯とする。
  2. 身分によって特に刑の軽重があるときは、身分のない者には通常の刑を科する。

解説[編集]

本条は、w:身分犯の共犯について定めた規定です。この規定の解釈については学説が多様に分かれています。
判例は、1項を真正身分犯についての規定とし、2項を不真正身分犯についての規定とする見解を採用しています。

判例[編集]



前条:
刑法第64条
(教唆及び幇助の処罰の制限)
刑法
第1編 総則
第11章 共犯
次条:
刑法第66条
(酌量減軽)
このページ「刑法第65条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。