刑法第68条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(法律上の減軽の方法)

第68条
法律上刑を減軽すべき一個又は二個以上の事由があるときは、次の例による。
  1. 死刑を減軽するときは、無期の懲役若しくは禁錮又は十年以上の懲役若しくは禁錮とする。
  2. 無期の懲役又は禁錮を減軽するときは、七年以上の有期の懲役又は禁錮とする。
  3. 有期の懲役又は禁錮を減軽するときは、その長期及び短期の二分の一を減ずる。
  4. 罰金を減軽するときは、その多額及び寡額の二分の一を減ずる。
  5. 拘留を減軽するときは、その長期の二分の一を減ずる。
  6. 科料を減軽するときは、その多額の二分の一を減ずる。

解説[編集]

本条は、法律上刑を減軽するときの方法を各号において定めている。

判例[編集]


前条:
刑法第67条
(法律上の加減と酌量減軽)
刑法
第1編 総則
第13章 加重減軽の方法
次条:
刑法第69条
(法律上の減刑と刑の選択)
このページ「刑法第68条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。