コンテンツにスキップ

会社法第453条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
剰余金の配当 から転送)

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第5章 計算等 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(株主に対する剰余金配当

第453条
株式会社は、その株主(当該株式会社を除く。)に対し、剰余金の配当をすることができる。

解説[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディア配当#日本法における配当の記事があります。
株主(当該株式会社を除く。)
基準日において保有する自己株式(金庫株)を除く。

関連条文[編集]


前条:
会社法第452条
(剰余金についてのその他の処分)
会社法
第2編 株式会社

第5章 計算等

第4節 剰余金の配当
次条:
会社法第454条
(剰余金の配当に関する事項の決定)
このページ「会社法第453条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。