会社法第452条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第5章 計算等 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(剰余金についてのその他の処分)

第452条
株式会社は、株主総会の決議によって、損失の処理、任意積立金の積立てその他のw:剰余金の処分(前目に定めるもの及び剰余金の配当その他株式会社の財産を処分するものを除く。)をすることができる。この場合においては、当該剰余金の処分の額その他の法務省令で定める事項を定めなければならない。

解説[編集]

  • 「法務省令」は、会社計算規則第153条(計算関係書類)である。

関連条文[編集]

  • 会社法第459条(剰余金の配当等を取締役会が決定する旨の定款の定め)

前条:
会社法第451条
(準備金の額の増加)
会社法
第2編 株式会社
第5章 計算等
第3節 資本金の額等
次条:
会社法第453条
(株主に対する剰余金の配当)
このページ「会社法第452条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。