労働基準法施行規則第24条の3

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

労働基準法施行規則)(

条文[編集]

第24条の3  
  1. 法第39条第3項 の厚生労働省令で定める時間は、三十時間とする。
  2. 法第39条第3項 の通常の労働者の一週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数は、五・二日とする。
  3. 法第39条第3項 の通常の労働者の一週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数と当該労働者の一週間の所定労働日数又は一週間当たりの平均所定労働日数との比率を考慮して厚生労働省令で定める日数は、同項第一号 に掲げる労働者にあっては次の表の上欄の週所定労働日数の区分に応じ、同項第二号 に掲げる労働者にあつては同表の中欄の一年間の所定労働日数の区分に応じて、それぞれ同表の下欄に雇入れの日から起算した継続勤務期間の区分ごとに定める日数とする。 週所定労働日数 一年間の所定労働日数 雇入れの日から起算した継続勤務期間
    六箇月 一年六箇月 二年六箇月 三年六箇月 四年六箇月 五年六箇月 六年六箇月以上
    四日 百六十九日から二百十六日まで 七日 八日 九日 十日 十二日 十三日 十五日
    三日 百二十一日から百六十八日まで 五日 六日 六日 八日 九日 十日 十一日
    二日 七十三日から百二十日まで 三日 四日 四日 五日 六日 六日 七日
    一日 四十八日から七十二日まで 一日 二日 二日 二日 三日 三日 三日
  4. 法第39条第3項第一号 の厚生労働省令で定める日数は、四日とする。
  5. 法第39条第3項第二号 の厚生労働省令で定める日数は、二百十六日とする。

解説[編集]

  • 法第39条(年次有給休暇)

参照条文[編集]

このページ「労働基準法施行規則第24条の3」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。