労働基準法施行規則第25条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

労働基準法施行規則)(

条文[編集]

(有給休暇の期間に支払われる賃金の算定)

第25条  
  1. 法第39条第7項 の規定による所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金は、次の各号に定める方法によつて算定した金額とする。
    一  時間によつて定められた賃金については、その金額にその日の所定労働時間数を乗じた金額
    二  日によつて定められた賃金については、その金額
    三  週によつて定められた賃金については、その金額をその週の所定労働日数で除した金額
    四  月によつて定められた賃金については、その金額をその月の所定労働日数で除した金額
    五  月、週以外の一定の期間によつて定められた賃金については、前各号に準じて算定した金額
    六  出来高払制その他の請負制によつて定められた賃金については、その賃金算定期間(当該期間に出来高払制その他の請負制によつて計算された賃金がない場合においては、当該期間前において出来高払制その他の請負制によつて計算された賃金が支払われた最後の賃金算定期間。以下同じ。)において出来高払制その他の請負制によつて計算された賃金の総額を当該賃金算定期間における総労働時間数で除した金額に、当該賃金算定期間における一日平均所定労働時間数を乗じた金額
    七  労働者の受ける賃金が前各号の二以上の賃金よりなる場合には、その部分について各号によつてそれぞれ算定した金額の合計額
  2. 法第39条第7項 本文の厚生労働省令で定めるところにより算定した額の賃金は、平均賃金若しくは前項の規定により算定した金額をその日の所定労働時間数で除して得た額の賃金とする。
  3. 法第39条第7項 ただし書の厚生労働省令で定めるところにより算定した金額は、健康保険法 (大正十一年法律第七十号)第99条第1項 に定める標準報酬日額に相当する金額をその日の所定労働時間数で除して得た金額とする。

解説[編集]

  • 法第39条(年次有給休暇)
  • 健康保険法(大正十一年法律第七十号)第99条(傷病手当金)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働基準法施行規則第25条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。