コンテンツにスキップ

労働基準法第107条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

コンメンタール労働基準法

条文[編集]

(労働者名簿)

第107条
  1. 使用者は、各事業場ごとに労働者名簿を、各労働者(日日雇い入れられる者を除く。)について調製し、労働者の氏名、生年月日、履歴その他厚生労働省令で定める事項を記入しなければならない。
  2. 前項の規定により記入すべき事項に変更があつた場合においては、遅滞なく訂正しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
労働基準法第106条
(法令等の周知義務)
労働基準法
第12章 雑則
次条:
労働基準法第108条
(賃金台帳)
このページ「労働基準法第107条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。