労働基準法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学社会法労働基準法労働基準法施行令労働基準法施行規則

(最終改正:平成二〇年一二月一二日法律第八九号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア労働基準法の記事があります。
Wikisource
ウィキソース労働基準法があります。

第1章 総則 (第1条~第12条)[編集]

第1条(労働条件の原則)
第2条(労働条件の決定)
第3条(均等待遇)
第4条(男女同一賃金の原則)
第5条(強制労働の禁止)
第6条(中間搾取の排除)
第7条(公民権行使の保障)
第8条 削除
第9条(労働者の定義)
第10条(使用者の定義)
第11条(賃金の定義)
第12条(平均賃金)

第2章 労働契約 (第13条~第23条)[編集]

第13条(この法律違反の契約)
第14条(契約期間等)
第15条(労働条件の明示)
第16条(賠償予定の禁止)
第17条(前借金相殺の禁止)
第18条(強制貯金)
第19条(解雇制限)
第20条(解雇の予告)
第21条
第22条(退職時等の証明)
第23条(金品の返還)

第3章 賃金 (第24条~第31条)[編集]

第24条(賃金の支払)
第25条(非常時払)
第26条(休業手当)
第27条(出来高払制の保障給)
第28条(最低賃金)
第29条 削除
第30条 削除
第31条 削除

第4章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇 (第32条~第41条)[編集]

第32条(法定労働時間)
第32条の2(1箇月単位の変形労働時間制)
第32条の3(フレックスタイム制)
第32条の4(1年単位の変形労働時間制)
第32条の4の2
第32条の5(1週間単位の非定型的労働時間制)
第33条(災害等による臨時の必要がある場合の時間外労働等)
第34条(休憩)
第35条(休日)
第36条(時間外及び休日の労働)
第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第38条(時間計算)
第38条の2(事業場外労働のみなし労働時間制)
第38条の3(専門業務型裁量労働制)
第38条の4(企画業務型裁量労働制)
第39条(年次有給休暇)
第40条(労働時間及び休憩の特例)
第41条(労働時間等に関する規定の適用除外)

第5章 安全及び衛生 (第42条~第55条)[編集]

第42条
第43条 削除
第44条 削除
第45条 削除
第46条 削除
第47条 削除
第48条 削除
第49条 削除
第50条 削除
第51条 削除
第52条 削除
第53条 削除
第54条 削除
第55条 削除

第6章 年少者 (第56条~第68条)[編集]

第56条(最低年齢)
第57条(年少者の証明書)
第58条(未成年者の労働契約)
第59条(未成年者への賃金の支払)
第60条(労働時間及び休日)
第61条(深夜業)
第62条(危険有害業務の就業制限)
第63条(坑内労働の禁止)
第64条(帰郷旅費)
第64条の2(坑内業務の就業制限)
第64条の3(危険有害業務の就業制限)
第65条(産前産後)
第66条(妊産婦の労働時間に関する制限)
第67条(育児時間)
第68条(生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置)

第7章 技能者の養成 (第69条~第74条)[編集]

第69条(徒弟の弊害排除)
第70条(職業訓練に関する特例)
第71条
第72条
第73条
第74条 削除

第8章 災害補償 (第75条~第88条)[編集]

第75条(療養補償)
第76条(休業補償)
第77条(障害補償)
第78条(休業補償及び障害補償の例外)
第79条(遺族補償)
第80条(葬祭料)
第81条(打切補償)
第82条(分割補償)
第83条(補償を受ける権利)
第84条(他の法律との関係)
第85条(審査及び仲裁)
第86条
第87条(請負事業に関する例外)
第88条(補償に関する細目)

第9章 就業規則 (第89条~第93条)[編集]

第89条(作成及び届出の義務)
第90条(作成の手続)
第91条(制裁規定の制限)
第92条(法令及び労働協約との関係)
第93条(労働契約との関係)

第10章 寄宿舎 (第94条~第96条の3)[編集]

第94条(寄宿舎生活の自治)
第95条(寄宿舎生活の秩序)
第96条(寄宿舎の設備及び安全衛生)
第96条の2(監督上の行政措置)
第96条の3

第11章 監督機関 (第97条~第105条)[編集]

第97条(監督機関の職員等)
第98条 削除
第99条(労働基準主管局長等の権限)
第100条(女性主管局長の権限)
第101条(労働基準監督官の権限)
第102条
第103条
第104条(監督機関に対する申告)
第104条の2(報告等)
第105条(労働基準監督官の義務)

第12章 雑則 (第105条の2~第116条)[編集]

第105条の2(国の援助義務)
第106条(法令等の周知義務)
第107条(労働者名簿)
第108条(賃金台帳)
第109条(記録の保存)
第110条 削除
第111条(無料証明)
第112条(国及び公共団体についての適用)
第113条(命令の制定)
第114条(付加金の支払)
第115条(時効)
第115条の2(経過措置)
第116条(適用除外)

第13章 罰則 (第117条~第121条)[編集]

第117条
第118条
第119条
第120条
第121条

附則抄 (第122条~第137条)[編集]

第122条
第123条
第129条
第131条
第132条
第133条
第134条
第135条
第136条(年次有給休暇取得者への不利益取扱いの禁止)
第137条(任意退職)

別表第1[編集]

別表第2[編集]

別表第2[編集]

外部リンク[編集]

このページ「労働基準法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。