コンテンツにスキップ

労働審判法第21条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

コンメンタール労働審判法

条文[編集]

(異議の申立て等)

第21条
  1. 当事者は、労働審判に対し、前条第4項の規定による審判書の送達又は同条第6項の規定による労働審判の告知を受けた日から2週間の不変期間内に、裁判所に異議の申立てをすることができる。
  2. 裁判所は、異議の申立てが不適法であると認めるときは、決定で、これを却下しなければならない。
  3. 適法な異議の申立てがあったときは、労働審判は、その効力を失う。
  4. 適法な異議の申立てがないときは、労働審判は、裁判上の和解と同一の効力を有する。
  5. 前項の場合において、各当事者は、その支出した費用のうち労働審判に費用の負担についての定めがないものを自ら負担するものとする。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第20条
(労働審判)
労働審判法
次条:
第22条
(訴え提起の擬制)
このページ「労働審判法第21条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。