労働組合法第27条の4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール労働組合法)(

条文[編集]

(除斥又は忌避の申立てについての決定)

第27条の4
  1. 除斥又は忌避の申立てについては、労働委員会が決定する。
  2. 除斥又は忌避の申立てに係る公益委員は、前項の規定による決定に関与することができない。ただし、意見を述べることができる。
  3. 第1項の規定による決定は、書面によるものとし、かつ、理由を付さなければならない。


解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働組合法第27条の4」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。