司法書士法第38条の2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学コンメンタール>司法書士法

条文[編集]

(社員であると誤認させる行為をした者の責任)

第38条の2
社員でない者が自己を社員であると誤認させる行為をしたときは、当該社員でない者は、その誤認に基づいて司法書士法人と取引をした者に対し、社員と同一の責任を負う。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
司法書士法第38条
(社員の責任)
司法書士法

第5章 司法書士法人

次条:
司法書士法第39条
(社員の常駐)
このページ「司法書士法第38条の2」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。