コンテンツにスキップ

商業登記規則第1条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法コンメンタール商業登記法コンメンタール商業登記規則

条文[編集]

(登記簿の編成)

第1条
  1. 商業登記簿(以下「登記簿」という。)は、登記簿の種類に従い、別表第一から第八までの上欄に掲げる各区に区分した登記記録をもつて編成する。ただし、外国会社登記簿は、日本に成立する会社で当該外国会社と同種のもの又は最も類似するものの登記簿の種類に従い、別表第五から第八までの上欄に掲げる各区に区分した登記記録をもつて編成する。
  2. 前項の区には、その区分に応じ、別表第一から第八までの下欄に掲げる事項を記録する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:

商業登記規則
第1章 登記簿等
次条:
商業登記規則第2条
(閉鎖登記記録)


このページ「商業登記規則第1条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。