商業登記規則第31条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール商業登記法コンメンタール商業登記規則

条文[編集]

(登記事項要約書の記載事項等)

第31条
  1. 登記事項要約書(次項に掲げる登記事項要約書を除く。)は、現に効力を有する登記事項を記載して作らなければならない。
  2. 会社についての登記事項要約書は、商号区、会社状態区及び請求に係る区に記録されている事項中現に効力を有する登記事項を記載して作らなければならない。この場合において、役員区については、取締役、会計参与、監査役、代表取締役、特別取締役、委員、執行役、代表執行役及び会計監査人の就任の年月日をも記載しなければならない。
  3. 前条第5項の規定は、登記事項要約書に準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記規則第30条
(登記事項証明書の種類及び記載事項等)
商業登記規則
第1章 登記簿等
次条:
商業登記規則第32条
(閲覧)
このページ「商業登記規則第31条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。