商法第32条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法商法コンメンタール商法第1編 総則 (コンメンタール商法)商法第32条

条文[編集]

第32条
この法律の規定によりw:署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる。

解説[編集]

商法典では効力要件等として署名を求める規定が多いが、署名に代えて記名押印でよいとの規定である。従来よりの日本における取引慣行を条文化したものである。

以前はw:商法中署名スヘキ場合ニ関スル法律という特別法に同趣旨の規定があったが、2006年の会社法成立により同法が廃止され、代わって商法総則中に本規定が組み込まれた形となっている。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商法第31条
(代理商の留置権)
商法
第1編 総則
第8章 雑則
次条:
商法第33条から第500条まで
削除
商法第501条
(絶対的商行為)


このページ「商法第32条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。