商法第501条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール商法第2編 商行為

条文[編集]

(絶対的商行為

第501条
次に掲げる行為は、商行為とする。
  1. 利益を得て譲渡する意思をもってする動産、不動産若しくは有価証券の有償取得又はその取得したものの譲渡を目的とする行為
  2. 他人から取得する動産又は有価証券の供給契約及びその履行のためにする有償取得を目的とする行為
  3. 取引所においてする取引
  4. 手形その他の商業証券に関する行為

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
商法第31条
(代理商の留置権)
商法第500条
削除
商法
第2編 商行為
第1章 総則
次条:
商法第502条
(営業的商行為)
このページ「商法第501条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。