学習方法/中学校社会全般

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

教科書と資料集が必要です[編集]

中学の段階では、予習のさい、参考書だけでなく資料集も必要です。もちろん、学校で配布された教科書も、持っておく必要があります。

資料集に書いてあることは、他の教科書出版社の教科書に書いてあったりします。

たとえば、帝国書院の資料集に書いてあることは、たとえ帝国書院の検定教科書に紹介されてなくても、他の出版社の検定教科書に書かれていたりします。

なので、もし資料集を無くしてしまったら、教科書取次店(とりつぎてん)で注文して買っておいてください。どこの地域にも、教科書の取次店があるので、保護者に相談して、そういうお店を探して、なくした資料集を注文しておいてください。


中国の地名・人名の発音について[編集]

・中国・韓国の地名を覚えるときは、原則として日本語読みで覚える。ただし北京(ペキン)・上海(シャンハイ)などは日本でも良く知られた読み方なので例外。
・天津(ティエンティン)などの地名は、入試などでは、細かな現地風の発音が問われることは無いだろう。(時代や地域によって発音がバラバラなため。) なので、もし入試で発音が問われたら、出題者の見識が疑われる。
・ただし中学内での定期テストでは現地風読みの出題の可能性があるので、余裕があれば、主要な地名・人名の中国語風・韓国語風の発音も覚える。


  • 説明

最近の中学社会の検定教科書では、「天津」(てんしん)とか、「孫文」(そんぶん)とかのような、中国や韓国の地名とか人名の読みが、天津(ティエンティン)とか孫文(スンウェン)とか、現地風の発音で書かれている。だが、中国・韓国の地名を覚えるときは、原則として日本語読みで覚える。

ただし、北京(ペキン)とか上海(シャンハイ)のように、よく知られている発音は例外として、そのまま覚える。

  • 対処法

もし、教科書に日本語の音訓での読みが書いてないなら、参考書などを買って日本語の音訓での読みを覚える。参考書に書いてない場合があるので、買う前に本の中身の記述を確認する。


  • 日本語の読みを覚えるべき理由

「天津」(ティエンティン)とかの、現地風の発音は、日本国内では実用性が無い。国内の文献を見ても、「天津」の読みは「てんしん」と日本語の音訓で読むのが通常である。また、ワープロ等では日本語読みで入力しないと出てこない。ためしにパソコンの日本語入力で「てんしん」と入力して漢字変換ボタンを押すと、「天津」と変換候補がでてくるが、しかし「てぃえんちん」「てぃえんてぃん」などと入力して漢字変換ボタンを押しても、「天津」の字は出てこない。「三峡ダム」も、まず「さんきょうダム」で覚える。サンシャダムで覚えるのは後回し。ワープロでも「さんきょうだむ」で「三峡ダム」が出てくるが、「さんしゃダム」の変換では「三社ダム」(?)という見当違いの変換候補が出てくる。


また、現地風の発音は、日本国内では、まだ定着していない。中国への海外旅行などを紹介した本などで現地風の発音が紹介される例などを除けば、「天津」は(てんしん)と読ませるのが一般である。中国での現地風の発音での読みは検定教科書だけでの流行である。


日本国内の評論家の中には、日本の検定教科書での中国語地名・人命の現地風の読みを優先的な紹介させることを「非実用的」として批判し、文科省などを批判する評論家すらも、いるぐらいである。


なお、北京「ペキン」の読み方は、実は近代での英語風の発音であり、現在の中国語での「北京」の発音ではない。現在の中国語風での「北京」の発音を表記すると「ベイジン」または「ベイチン」になる。

この「北京」の漢字をワープロで入力する場合も「ペキン」と入力しないと漢字が出てこない。


そもそも中国語の発音は、同じ中国国内どうしでも、地方や時代によっても発音が変わる。

また、たとえ同時代の同地域の発音でも、日本語で表記する際に様々な表記が生じる。たとえば、「天津」の読みを「ティエンティン」と表記するか、それとも「ティエンチン」と表記するかすら、まとまらない。そもそも「中国」という国名じたい、現地風に発音するなら、「チュウングオ」とか「チュウングゥオ」とかになってしまう。

中国を例に説明したが、韓国の地名・人名も同様である。たとえば韓国大統領の「李 承晩」(←人名)の読みは(りしょうばん)と覚える。「イ スンマン」という現地風の読みを覚えるのは、後回しである。「李承晩ライン」の読みは、「りしょうばんライン」であり、「イスンマン・ライン」とは日本では読まない。

豊臣秀吉の朝鮮出兵のときの朝鮮の軍人の「李 舜臣」の読みは「り しゅんしん」と日本風での読みを覚える。朝鮮読みの「イ・スンシン」を覚えるのは後回し。ワープロでも「りしゅんしん」で「李舜臣」げ変換されるが、「イスンシン」では見当違いの字しか変換候補に出てこない。


以上のような理由のため、入試などでは、中国・韓国の地名・人名の「北京」(ペキン)「上海」(シャンハイ)などの慣用の読みを除けば、細かな現地発音が問われることは無いだろう。もし入試で問われたら、出題者の見識が疑われるだろう。

社会科の学習では、中学生用の参考書を買って読むべき。[編集]

たとえアナタが社会科が苦手科目であっても、とにかく中学生用の社会科の参考書を、さっさと買って読んだほうが良いです。 学校で1年のころから地理だけでなく歴史科目も1年で習っているのなら、歴史の参考書も、さっさと買っておいたほうがラクです。 参考書を科目ごとに分けて買うのが面倒くさいなら、地理・歴史・公民の3科目すべてが一冊にまとまってる参考書も市販されてますので、そのような一冊にまとめてある参考書を買って読み進めるのも良いかもしれません。

「地理」科目だけでなく、他の社会科の科目(歴史、公民)などでも、同様に、そのうち参考書を買って読むべきです。歴史の参考書は、2年生になる前に買っておくほうが便利でしょう。公民の参考書は,3年生になる前に買っておくのが便利でしょう。

小学の参考書には、あんまり、戻らない。[編集]

アナタが中学生なら、けっして小学生用の参考書でなく、中学生用の参考書で社会科を学習してください。あまり小学用の参考書でばかり、中学生は学習しないでください。 べつに小学用の参考書を捨てる必要はありませんが、とりあえず中学入学後の日ごろの学習では、中学用の教科書や中学用の参考書で、中学生は勉強してください。

社会科が苦手であっても、参考書を買うべき。[編集]

また、けっして、「中学の教科書を理解してから、中学生用の参考書を買おう。」(← × よくあるマチガイの勉強法! 非効率!)なんて思わないほうが良いです。とにかく中学用の参考書で社会科を自習し始めないと、いつまでも中学の社会科が得意科目には、なりません。

むしろ、社会科が苦手な人こそ,参考書を買うべきなのです。

なぜなら、教科書では、たとえ入試に出やすいの重要語句であっても、太字などの目立つ表記には、していない場合も多くあります。 なので、参考書で重要語句を確認する必要があるからです。


用語などを覚えるときは、けっして教科書で紹介された重要語句だけでなく、加えて参考書の重要語句も覚えてください。そのために、参考書を購入してください。


また、社会科の勉強法では、複数の教材を読み比べたほうが良いです。出版社の異なる複数の教科書・参考書を読み比べて、共通して説明している用語があれば、その共通用語が重点事項です。参考書を買うと、教科書とも読み比べられるので、そういった勉強法がしやすくなります。

解説を読んだ上で、暗記する。[編集]

けっして、参考書の解説を読まずに、一字一句、用語をやみくもに丸暗記で覚えようとしないでください。「教科書で紹介された用語や地名やデータを、一字一句、丸暗記で覚えよう。」というのは無理です。ここで言うデータとは、例えば「石油の産出量の世界1位はロシア、2位はサウジアラビア。」みたいなデータのことです。

もし、ロシアの石油の産出量の順位を覚えたいなら、まずは中学用の参考書でロシアの産業やロシア経済などについての説明を読むのが先です。そうしてロシアの全体像を把握してから、「ロシアの石油の産出量は世界1位」と覚えていってください。

社会科のデータ量は膨大であり、普通の人は、すべてのデータを丸暗記では覚えきれません。なので参考書などを用いて重要語句や重要データを見つけ出して、その解説を読んだ上で、重要知識を覚えてください。

参考書を読めば、しぜんと多くの解説文にも目を通します。なので「中学生用の参考書を買って、読んでください。」と、さんざん言ってるわけです。

もちろん配布された検定教科書も読むべき。[編集]

参考書を読み終えるには時間が掛かります。中学校で教科書をもらったら、まずは教科書を読み始めるべきです。教科書は短めに、まとまっています。なので短時間で読めます。

学校の定期テスト問題も、多くの問題は教科書から出るので、教科書を読む必要もあります。(教科書以外にも、授業中の黒板の板書や、配布された資料集などから出ることもある。)

ただし、参考書も読み進めてください。さきほどの節でも説明したように、けっして「教科書を理解してから参考書を買おう。」(← × 非効率!)なんて思わないほうが良いです。とにかく参考書で社会科を自習し始めないと、いつまでも社会科が得意科目には、なりません。

なぜ、小学校の内容にあまり戻らないほうが良いのか?[編集]

参考書での学習は、中学生用の参考書で予習・復習します。あまり小学校の参考書までは戻らないほうが良いです。 中学生用の参考書で勉強すれば、自然と小学校レベルの知識は、ほとんどは身につきます。

たとえ中学受験用で難関校むけの参考書を持っていようが、それよりも一般レベルの高校受験用の参考書のほうが、はるかに記述内容は高度です。

なぜなら、小学校の教科書・参考書では、たとえば小学地理分野の授業では、小学歴史や小学公民(政治や経済など)との関係は、あまり授業では深くは扱われません。

ですが、中学校の地理の授業では、たとえ地理科目であっても、小学校で習ったはずの歴史や公民の知識が活用されています。 理科の知識も、ほんの少しですが、中学では地理でも使っています。(たとえば気候や、地球の自転など。)

こういう地理と関連する他科目の知識が、小学生用の参考書では記述が少ないのです。 地理分野に限らず、歴史分野や公民分野でも、小学校などで習ったはずの関連分野の知識が、中学校では活用されます。

中学校の教科書は、それだけ、小学校よりもレベルが高いのです。


なので、中学校で検定教科書をもらったら、とりあえずは先に中学教科書を読み進めるほうが良く、小学用の参考書を復習するのは後回しで良いのです。

中学の教科書や参考書を読んで、どうしても分からない事がある場合にのみ、そのときだけ小学生用の参考書での復習をするのが良いでしょう。そして分からない部分が解決したら、さっさと中学生用の参考書・教科書を使った学習を再開するべきです。

進級時、前の学年で使ってた社会科教科書などを捨てないこと[編集]

小学生のころだと、年度の変わり目などに、検定教科書を、ちり紙交換などに出したりして、捨てたりする事もあるかもしれません。(例えば、小学3年生の4月の時に、小2で使ってた教科書をちり紙交換で処分したり。) ですが、中学では、復習などのために前の学年の検定教科書や学校配布のワークブックなどを読む機会があります。よく分からなければ、検定教科書を捨てないほうが良いでしょう。

すくなくとも、社会科では、前の学年の教科書は、保管しておいたほうが得でしょう。また、社会科の資料集や地図帳なども保管しておいてください。

なぜなら、中学3年で習う「公民」分野の教科書を読んでも、中1〜中2の「歴史」分野で習う内容については、ほとんど書かれていません。

「脱ゆとり教育」の影響もあり、地理分野や歴史分野で習う内容も増量しているので、現代では(2017年に本文を記述)、もはや公民分野の教科書では、地理や歴史を復習しきれません。

資料集については、難関高校の入試対策の分析のために、参考書とあわせて活用しますので、下の学年でもらった資料集は、上級学年に進級後も、保管しておいてください。(くわしくは、後述する。)

中3で中学範囲を復習する際は、参考書を使う[編集]

中学3年生のときの受験勉強で中1〜中2の分野を復習する際は、検定教科書ではなく、参考書を中心に活用して復習しましょう。中1地理の検定教科書は当然ですが中1に合わせてあります。中3受験生には合わせていません。 中3受験生に合わせてある書籍は、市販の参考書であり、平均レベルの参考書が検定教科書レベルに合わせてあります。

社会科にかぎらず、他教科でも同様ですので、参考書を使いましょう。

なお、参考書の中には、中学範囲外を超えた難関高校向けの物もありますが、そのような参考書は、教科書の範囲を確認する目的には不適切です。やさしめのレベルの参考書を買うと、検定教科書の内容に近いものが多いです。

とはいえ、やさしめレベルの参考書だけを買うよりも、平均レベルをうたってる参考書も買ったほうが良いでしょう。平均レベル参考書では、高校で習う範囲や、やや難関高校に向けた内容も、あつかっている場合もありますが、どうせ高校進学後に習う範囲なので、余裕があれば読んでおいたほうが得です。

また、学校配布の各教科の資料集などに、高校で習う範囲や、中学生向け参考書で習う範囲が書かれている場合もあります。なので、平均レベルの参考書も読んでおいたほうが得です。

学校配布の資料集に書かれている内容は、高校入試にも出題される可能性があります。 参考書の出版社は、その事も知っています。参考書出版社は、資料集などにも目を通したうえで、さらに高校入試の出題傾向も分析して、参考書出版社は参考書で紹介するべき内容を考えて、参考書をつくっているわけです。

学校配布の資料集は、書店で市販されてる参考書と合わせて、活用するのがトクです。

資料集の中には、一般の入試には出しづらい話題(時事など)もあります。中学生の読者には、資料集に書かれている内容のうち、どの話題が一般入試に出題されやすくて、どの話題が一般入試には出づらいかを調べるのは、無理(むり)です。(日本全国の教科書と入試傾向の調査には、時間とお金と人出が大量に掛かる。受験産業・教育産業などに関わる大人が、仕事でするべき作業です。学生には無理です。なので中学生は、参考書や過去問を活用して、入試傾向の分析をしてください。)

なので、とかもく資料集は、参考書と照らしあわせて、使います。つまり、もし参考書と資料集の両方に書かれている話題があれば、その話題は、難関高校にも出題される可能性がある・・・というわけです。