将棋/▲7六歩/△3四歩/▲2二角成

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なし
987654321 
       
Shogi dau22.svg
     Shogi da22.svg  
    Shogi da22.svg    
  Shogi da22.svg     
Shogi da22.svg
 Shogi daus22.svg      
3手目▲2二角成?まで

後手番の場合はw:後手番一手損角換わりがあるが、先手番の場合このように指すと先後が逆になる。

以下は△2二同銀であるが、この手に代えて飛車で取ると次に先手から▲6五角打ちが可能となる。


△同銀[編集]

987654321 
Shogi ddrh22.svg
       
 
        
         
        
 
        
4手目△2二同銀まで

この局面で後手は△3四歩と△2二銀の2手指しているのに対し、先手は▲7六歩の1手しか指していない。先手が1手損をしており、実質的に先手と後手が入れ替わっている(たとえばここで▲8八銀ならば、先後同型で後手の手番である)[1]

将棋はゲーム理論上先手必勝と予想されるので、この局面は後手必勝と予想される。

ただし、ここで▲4五角と打って3四と6三の歩の両取りをかける手は考えられる。


▲4五角[編集]

詳細は「将棋/筋違い角」を参照
987654321 
 
       
 
        
        
        
 
        
なし
5手目▲4五角まで

筋違い角と呼ばれる奇襲戦法。将棋盤にチェス盤の様に色をつけると、この角は、通常の色と異なる色の所に居るので「筋違い角」と言われるのである。

この後、5手目に▲4五角と打つことが考えられる。すると、後手の3四の歩と6三の歩のどちらか一方は取られる事になる。後手としては、角成りを防ぎ6三の歩を取られないように受ける手を指す。先手は▲3四角として歩を1つ得する。一方、後手は角を手持ちにして、いつでも好きな時に打つことができる[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 実際に先手でありながら通常の定跡の後手番に合流した例としては、初手から▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲8八銀△3三銀▲7七銀△8四歩▲2六歩△8五歩▲2五歩△3二金▲7八金(途中図)と進んだ佐伯-小堀 1971などが挙げられる。
    △持ち駒 角
    987654321 
      
           
     
            
           
            
     
           
      
    ▲持ち駒 角
    途中図は、▲7八金まで

    途中図は後手を持って▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲2五歩△3二金▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲7八金△3三銀と進めた局面に等しい。

  2. ^ Google book 奇襲の王様 筋違い角のすべて(著者: 武市三郎、 美馬和夫)
  3. ^ 【#41】プロ棋士が筋違い角やってみた。将棋ウォーズ実況!

参考棋譜[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]