将棋/▲7六歩

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


なし
987654321 
       
         
         
        
Shogi uah22.svg
       
なし
1手目▲7六歩まで

角道を開ける出だし。

△3四歩と後手も角道を開ける手と、△8四歩と飛車先の歩を突く手が考えられる。


△3四歩[編集]

詳細は「/△3四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△3四歩まで

▲2六歩と飛車先を突く手が自然である。


△8四歩[編集]

詳細は「/△8四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△8四歩まで
  1. ▲2六歩と飛車先を突く手が自然だが、
  2. ▲6八銀と上がり、△8五歩に▲7七銀と受ける手も考えられる。


△3二飛[編集]

詳細は「将棋/2手目△3二飛」を参照


なし
987654321 
 Shogi ras22.svgShogi lra22.svgShogi lra22.svgShogi lra22.svgShogi rat22.svg 
         
         
        
 
       
なし
2手目△3二飛まで

2手目△3二飛戦法。

初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩に△3五歩と突く後手石田流が、▲2五歩△3二飛▲6八玉△6二玉?に、▲2二角成△同銀▲6五角で後手苦しいと見られ[1]、それでも後手番で石田流を指す方法として今泉健司が考案した。

▲2六歩に

  1. △3四歩?は▲2二角成△同銀▲6五角で後手悪いが[1]
  2. △4二銀が佐藤康光の新手で、
    1. ▲2五歩△3四歩▲2四歩?△同歩▲同飛は、△8八角成▲同銀△3三角で後手勝ちのため、
    2. ▲6八玉△6二玉から囲い合いとなる。


△5四歩[編集]

詳細は「/△5四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△5四歩まで

▲2六歩△3四歩でゴキゲン中飛車の出だしに合流する。

初手から▲7六歩△3四歩に▲6八玉と上がるゴキゲン中飛車封じを警戒する意味があるが、以下△5四歩に▲2二角成?△同銀▲5三角は、△3三角の久保流で後手も指せるというのが定説になっている[2]


△5二飛[編集]

△4二飛[編集]

△3二金[編集]

詳細は「/△3二金」を参照


なし
987654321 
Shogi ddrh22.svg
      
         
         
        
 
       
なし
2手目△3二金まで

相居飛車になるなら無難だが、先手に振り飛車にされると玉を囲いづらく作戦の幅が狭くなる(そのため2手目△3二金や初手▲7八金は、居飛車党の相手に「振り飛車もできるか」と挑発する意味があるともいわれる)。

2006年の竜王戦佐藤康光に2手目△3二金を連投された渡辺明は、後に「△3二金には▲5六歩から中飛車にして、ちゃんとやれば先手がよくなる」と述べ[3]、翌年佐藤に再び△3二金を指された際、中飛車を選択した。

一方の佐藤は「挑発ではなく、論理に基づく手」とし[3]、▲2六歩に△4一玉の新手や、▲5六歩に対する△4二銀〜△5二飛の相中飛車の構想を披露した。


△3二銀[編集]

△4二銀[編集]

△6二銀[編集]

詳細は「/△6二銀」を参照


なし
987654321 
Shogi ddrh22.svg
      
         
         
        
 
       
なし
2手目△6二銀まで

この銀を上がると手が遅れるため、▲2六歩△3四歩▲2五歩△3二金としても、▲2四歩△同歩▲同飛と飛車先を交換されてしまう。

第76期名人戦七番勝負第6局 佐藤天彦名人 - 羽生善治竜王 「形が悪いからとか、美学に反する、重いといった抽象的な判断で、可能性を捨てることはない。どんな手でも、やってみる価値はある。」 7四の歩を取らせる相掛形の構想である。

第43期棋王戦五番勝負 第5局 渡辺 明棋王 - 永瀬拓矢七段 棒銀の▲2五銀は成立しないが、本譜は▲36銀形を陽動に用いて対策している。 △3三銀形が持久戦に不利ならば△4四歩3三桂形で受け、手つまりを狙うのは後手番特有のニュアンス。

第68回NHK杯2回戦第6局 三枚堂達也 六段 - 渡辺 明 棋王 ▲47銀雁木で対抗する。 それに対し角頭に早く仕掛ける。


なし
987654321 
  
     
 
        
         
        
  
        
歩1
12手目△7四飛まで


歩1
987654321 
   
     
  
        
        
      
   
      
   
歩2
28手目△7二飛まで


△7二銀[編集]

△5二金右[編集]

△4二玉[編集]

△5二玉[編集]

△1四歩[編集]

詳細は「/△1四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△1四歩まで

阪田三吉が天龍寺の決戦で用いた手。

△9四歩より咎めにくいとされる[4]


△9四歩[編集]

詳細は「/△9四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△9四歩まで

阪田三吉が南禅寺の決戦で用いた手。


△7四歩[編集]

詳細は「/△7四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△7四歩まで

▲5五角?と飛車取りに出られるが、△3四歩▲8二角成△同銀▲8八銀と飛車角交換になったときに、△9五角!の王手が防ぎづらく、▲8六飛または▲7七飛と飛車を打って受けるしかない(▲7七銀??は△同角右成▲同桂△同角成の二枚替え、▲4八玉??、▲6八飛??は△8八角成で銀がタダ)。


△6四歩[編集]

△6二飛[編集]

△7二飛[編集]

△9二飛[編集]

△4二金[編集]

△6二金[編集]

詳細は「/△6二金」を参照


なし
987654321 
Shogi dah22.svg
      
         
         
        
 
       
なし
2手目△6二金まで

△6二金・△8一飛型は一つの形だが、2手目△6二金は△6二銀と同様、▲2六歩と突かれると飛車先が受からない。

ただし▲2六歩に△6一金と戻した場合、後手は2手掛けて何も指しておらず論外だが、▲2五歩△3四歩にすぐ▲2四歩△同歩▲同飛?と行くのは、△8八角成▲同銀△3三角で、△8三歩型が生きる可能性がある。

渡辺明、郷田真隆は、2手目△6二玉右玉としてわかるが、△6二金は不自然、意味がわからないと評している。

森内俊之の見解では、2手目△6二銀に比べて明らかに損。

広瀬章人豊島将之は、2手目△6二玉よりは良い可能性をわずかに示唆した[5]

永瀬-小泉 2012の実戦例がある。


△6二玉[編集]

詳細は「将棋/新米長玉」を参照


なし
987654321 
Shogi ddlh22.svg
      
         
         
        
 
       
なし
2手目△6二玉まで

ボンクラーズ-米長 2012で米長邦雄が指した手で、新米長玉と呼ばれる。

▲2六歩と突かれると飛車先が受からず損とされるが、コンピュータ将棋の多くは飛車先の交換を重視せず、▲7五歩や▲6八飛と振り飛車にすることが知られている。

序盤でコンピュータの定跡を無効化し、力戦にして厚みを築いて入玉を目指す狙いがある。


△7二金[編集]

△5二金左[編集]

△9二香[編集]

△1二香[編集]

△2四歩[編集]

詳細は「/△2四歩」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△2四歩まで

▲2六歩△3四歩で後手角頭歩戦法の出だし。以下▲2五歩△同歩▲同飛には、△8八角成▲同銀△3三桂▲2三飛成に△2二飛の飛車ぶつけが狙い。


△4四歩[編集]

詳細は「将棋/パックマン」を参照


なし
987654321 
       
Shogi dah22.svg
        
         
        
 
       
なし
2手目△4四歩?まで

▲4四同角に△4二飛と回って△4七飛成を狙う。


脚注[編集]

  1. ^ 1.0 1.1 佐藤 2010、pp. 12-24。
  2. ^ 森内ら 2014、p. 40。
  3. ^ 3.0 3.1 鈴木 2008。
  4. ^ 鈴木 2008、pp. 67-70。
  5. ^ 渡辺ら 2015、pp. 22-24。

参考棋譜[編集]

参考文献[編集]

このページ「将棋/▲7六歩」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。