廃棄物の処理及び清掃に関する法律第6条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール廃棄物の処理及び清掃に関する法律

条文[編集]

(一般廃棄物処理計画)

第6条
  1. 市町村は、当該市町村の区域内の一般廃棄物の処理に関する計画(以下「一般廃棄物処理計画」という。)を定めなければならない。
  2. 一般廃棄物処理計画には、環境省令で定めるところにより、当該市町村の区域内の一般廃棄物の処理に関し、次に掲げる事項を定めるものとする。
    一 一般廃棄物の発生量及び処理量の見込み
    二 一般廃棄物の排出の抑制のための方策に関する事項
    三 分別して収集するものとした一般廃棄物の種類及び分別の区分
    四 一般廃棄物の適正な処理及びこれを実施する者に関する基本的事項
    五 一般廃棄物の処理施設の整備に関する事項
    六 その他一般廃棄物の処理に関し必要な事項
  3. 市町村は、w:地方自治法(昭和22年法律第67号)第2条第4項 の基本構想に即して、一般廃棄物処理計画を定めるものとする。
  4. 市町村は、その一般廃棄物処理計画を定めるに当たつては、当該市町村の区域内の一般廃棄物の処理に関し関係を有する他の市町村の一般廃棄物処理計画と調和を保つよう努めなければならない。
  5. 市町村は、一般廃棄物処理計画を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。


解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
第5条の8
(廃棄物減量等推進員)
廃棄物の処理及び清掃に関する法律
第2章 一般廃棄物

特例]]

第1節 一般廃棄物の処理
次条:
第6条の2
(市町村の処理等)


このページ「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第6条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。