慶應義塾大対策/商学部

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一学年の定員は約1,000名であり、そのうち600名程度が一般入試組、残りが内部進学者、指定校推薦入学者、帰国生・留学生入試枠合格者である。指定校推薦と帰国・留学生の人数は少なく、実質的に一般入試組と内部進学者がほとんどである。

受験方式は数学受験のA方式(定員480名)と、数学の代わりに論文テストが課されるB方式(定員120名)が存在する。

地歴の中で、地理を受験科目として選択できるのは慶應大の中でも商学部だけである。

A方式(英語・数学・地歴受験)
A方式では、英語(200点)・数学(100点)・地歴(100点)の3科目(計400点満点)が課される。地歴は世界史・日本史・地理から1科目選択である。数学・地歴が2次試験で必要な国立大学を第一志望にする受験生は、A方式で受験するべきである。ただし一流国立大志望者といえども英語の苦手な受験生には厳しい。数学は発想力とスピーディな計算力を求める問題が多いため、数学が得意な者でも過去問対策をして傾向を掴めるよう努めるべきである。地歴は慶應大他学部と比較しても平易な内容かつ単純な形式になっており、教科書をしっかり暗記し、過去問で演習を重ねれば問題ない。
慶應大の中でも最も入試倍率や偏差値が低く、最も入りやすい学部(A方式)と思う受験生が多い。しかし、数学と地歴が必須のA方式には、ハイレベルな受験生であっても出願しにくいため、実際の出願者のほとんどは数学・地歴が2次試験で必須である東大・京大・一橋大といった最難関国立大受験生である。よって、表面上は低倍率に見え、予備校などの標準偏差値も経済学部、法学部などに比べ低めに設定されてはいるが、最難関国立大受験生どうしの競争となることを覚悟しなければならない。地歴が必須で課されるため理系は少なく、慶應経済A方式よりは合格難易度は低いものの、早慶の平均的なレベルの学部と同等の合格難易度はあるため、注意が必要である。
B方式(英語・地歴・論文テスト受験)
B方式では、英語(200点)・地歴(100点)・論文テスト(100点)の3科目(計400点満点)が課される。地歴は世界史・日本史・地理から1科目選択である。早慶文系学部の中では、合格難易度は中程度である。
募集人数がA方式の4分の1と極端に少ない。出題の殆どはマークシート或いは記述短答であり、英作文や地歴論述、小論文などの本格的な論述系問題は出題されない。しかし合格最低点は400点満点中300点~320点程度であるため、全科目で高得点を取らなければ合格は厳しい。
また、論文テストは数理パズル的な問題が多く出題される。数学が受験科目に無いといえども数理的思考能力が低い受験生を排除しようとしているのは明白なので、過去問をよく研究するべきである。


英語[編集]

試験時間は90分、配点は200点。例年大問が7,8題出題される。そのうち3題が長文読解問題(本文は合計約2500語)で、その他の大問では400語程度の文章の空所補充、文法・語法問題、語形変化・派生語の空所補充も出題される。大問1~3の長文以外の問題も含めた総語数は約3500語であり、とにかく本文設問共に量が多く、時間制限が厳しい。

文法・語法問題は慶應大他学部や早稲田大の受験生にとっても絶好の演習素材である。また読解文については、商学部だけあって、社会科学系の様々な文章が出題されている。経済、政治体制、自然環境破壊、社会保障や福祉、科学技術などなど、どこまでも広範な出題テーマはどことなく面白い。しかも商学部ゆえに「企業と競争」に視座をおいたミニ論文が目立つのも特徴。いわば社会人向けの常識力を問う課題ともいえる。「実学の慶應」らしい出題である。

商学部の英語は、とにかく時間との闘いである。長文の総語数や時間制限の厳しさに関しては経済学部の英語に匹敵する。しかし、本文のレベルは早慶受験生にとっては標準的であり、設問の難易度は法学部や近年の経済学部よりは明らかに低い。つまり、速解を意識していかに設問を解いている時間を減らすかが合格点を取る鍵である。当該学部を受験する者は日ごろから英語学習に力を入れなければならない。 設問の形式は全体的に比較的スタンダードであり、あまり癖が無い。本文設問共に問題難易度は早慶の中では中程度で、慶應文系学部の中では最も平易である。そのため、慶應大他学部志望者や早稲田大志望者も慶應商の長文問題を演習教材として使用できる。早稲田教育も形式がスタンダードであるため長文の演習として効果的であるが、慶應商の英語長文の方が難易度が高いため、レベルアップに効果的である。

数学[編集]

試験時間は70分、配点は100点。数学I・数学II・数学A・数学B(数列・ベクトル)が範囲。計算量が多いのは経済学部の数学と共通しているが、経済学部の数学のように思考力が求められるというより、発想力が求められる問題が多い。問題難易度は経済学部の数学よりは平易であるが、早慶の数学の中では標準からやや難に位置する。また、試験時間70分に対し、大問4,5題と問題量が多いため、すべての問題に取り組むには相当スピーディな計算力が求められる。全範囲からまんべんなく出題されているが、特に「微分・積分」、「場合の数と確率」は毎年出題されている。チャートシリーズ(数研出版)のような網羅系の参考書には載っていないような発想力を求められる問題や複数分野の融合問題(例:2014年大問5の三角関数と期待値の融合問題)が最低でも半分を占めるので、まずは着実に解答が出来る問題から解いていくこと。特に「場合の数と確率」の分野で見たこともないような問題が出題される傾向が強い。記述式や論述にも十分に慣れておく必要がある。

世界史[編集]

試験時間は60分、配点は100点。近年、大問3題の構成となっている。文化史に関する出題が多く、20字程度の短論述問題が頻出である。問題の数が多いが、ほとんどがマーク式或いは短答記述式の空所補充問題であり、出題形式は単純である。難問・奇問が数問は見られるが、教科書レベルで解答可能な問題がほとんどである。慶應大の世界史の中では形式・内容共に最も平易である。しかし、得点調整によって10点程度減点されるため、平易な問題が多いからこそ合格するには9割以上の高得点を取る必要がある。

学部の性格上、経済史からの出題の可能性がとても高くなっている。特に、産業革命や大航海時代、アジア・アフリカの植民地化、世界恐慌、経済のグローバル化などの経済上の変化には要注意である。大きく経済が変わっているポイントなので、その変化に注意して学習を深めなければならない。

日本史[編集]

試験時間は60分、配点は100点。社会史、経済史、文化史の出題割合が高い。問題の数が多いが、ほとんどがマーク式或いは短答記述式の空所補充問題であり、出題形式は単純である。難問・奇問が数問は見られるが、教科書レベルで解答可能な問題がほとんどである。慶應大の日本史の中では形式・内容共に最も平易である。しかし、得点調整によって10点程度減点されるため、平易な問題が多いからこそ合格するには9割以上の高得点を取る必要がある。

商学部では、ここ数年で、何度か戦後史までが問われている。また、銀行再編という時事問題も一部扱われている。近・現代史や時事問題に関しては、学校の授業だけでは対応できない。なので、近・現代史や時事問題に関しては、独自で対策を進めていくことが必要である。そのためには、日本史の枠におさまらないことが重要である。日本史の教科書だけで勉強するのではなく、普段から新聞やニュースで流れている政治・経済の状況は確実にチェックするようにするべきである。

地理[編集]

試験時間は60分、配点は100点。大問数は3題で、出題形式は選択式・短答記述式の空所補充がほとんどである。時事的なテーマが多く、詳細な地名・人物名を問う問題も見られる。問題の数が多いが、ほとんどがマーク式或いは短答記述式の空所補充問題であり、出題形式は単純である。難問・奇問が数問は見られるが、教科書レベルで解答可能な問題がほとんどである。慶應大の地理の中では形式・内容共に最も平易である。しかし、得点調整によって10点程度減点されるため、平易な問題が多いからこそ合格するには9割以上の高得点を取る必要がある。

商学部の地理では、時事問題がかなりの頻度で出題されている。時事問題対策を無視して、合格点まで届かせることは不可能なので、きちんと対策をすべきである。まず、日頃から新聞・テレビなどのニュースに普段から関心をもつことが大切だ。『現代用語の基礎知識』(自由国民社)などを利用して、世界経済や国際情勢、民族問題、環境問題に関して、最新の知識を身につけることがポイントとなる。

論文テスト[編集]

試験時間は70分、配点は100点。教養や論理的・数学的思考力、国語的読解力を求める独特の科目である。受験生の地頭をみる科目と言ってもよい。国語の語句知識や数学の確率・命題の基礎を復習し、論理学を身につける必要がある。一朝一夕に対策ができる科目ではない。例えば、確率・統計に関する問題、科学理論についての課題文を読ませたうえでの論理学分野の出題、ゲーム理論などの商学分野の基礎的な問題、古典を読ませたうえでの要約問題やシンプルな現代文的な読解問題など国語に近い問題は頻出である。また、例年かなり特殊な問題も出題されている。2012年度の場合、ノーベル経済学賞受賞者ミルトン・フリードマンの企業の社会的責任や渋滞学に関する問題も出題された。これらの問題に対処するには、政治・経済の知識があれば取り組みやすいが、本文の内容把握を正確に行える国語力があれば問題ない。慶應大他学部とは異なり、論述式の小論文ではなく、マーク式の論文「テスト」であり、比較的私大のマーク式の国語に近い問題形式である。そのため、慶應大他学部志望者だけでなく、早稲田大志望者も比較的取り組みやすい。