戸籍法第86条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール戸籍法

条文[編集]

【届出期間、届出事項、添付書類】

第86条
  1. 死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知つた日から七日以内(国外で死亡があつたときは、その事実を知つた日から三箇月以内)に、これをしなければならない。
  2. 届書には、次の事項を記載し、診断書又は検案書を添付しなければならない。
    一 死亡の年月日時分及び場所
    二 その他法務省令で定める事項
  3. やむを得ない事由によつて診断書又は検案書を得ることができないときは、死亡の事実を証すべき書面を以てこれに代えることができる。この場合には、届書に診断書又は検案書を得ることができない事由を記載しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
戸籍法第85条
【未成年後見監督人への準用】
戸籍法
第4章 届出
第9節 死亡及び失踪
次条:
戸籍法第87条
【届出義務者】
このページ「戸籍法第86条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。