戸籍法第98条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール戸籍法

条文[編集]

【子の氏変更】

第98条
  1. 民法第791条第1項 から第3項 までの規定によつて父又は母の氏を称しようとする者は、その父又は母の氏名及び本籍を届書に記載して、その旨を届け出なければならない。
  2. 民法第791条第2項 の規定によつて父母の氏を称しようとする者に配偶者がある場合には、配偶者とともに届け出なければならない。


解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
戸籍法第97条
【排除またはその取消し】
戸籍法
第4章 届出
第12節 入籍
次条:
戸籍法第99条
【子の氏変更】
このページ「戸籍法第98条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。