コンテンツにスキップ

手形法第33条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商法コンメンタールコンメンタール手形法

条文[編集]

第33条
  1. 為替手形ハ左ノ何レカトシテ之ヲ振出スコトヲ得
    一 一覧払
    二 一覧後定期払
    三 日附後定期払
    四 確定日払
  2. 前項ト異ル満期又ハ分割払ノ為替手形ハ之ヲ無効トス

解説[編集]

  1. 為替手形は、左のいずれかとしてこれを振り出すことができる。
    一 一覧払
    二 一覧後定期払
    三 日附後定期払
    四 確定日払
  2. 前項と異なる満期又は分割払の為替手形は、これを無効とする。

判例[編集]

参照条文[編集]


前条:
第32条
手形法
第5章 満期
次条:
第34条


このページ「手形法第33条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。