コンメンタール手形法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

手形法(最終改正:平成一八年六月二一日法律第七八号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア手形法の記事があります。


条文の見出し【 】は、法律自体に立法者によってあらかじめつけられたものではなく、判りやすくするために任意につけたものである。

第1章 為替手形ノ振出及方式 (第1条~第10条)[編集]

第1条
第2条
第3条
第4条
第5条
第6条
第7条
第8条
第9条
第10条

第2章 裏書 (第11条~第20条)[編集]

第11条【当然の指図証券性】
第12条【裏書の要件】
第13条【裏書の方式】
第14条
第15条
第16条【裏書の資格授与的効力、手形の善意取得】
第17条【人的抗弁の切断】
第18条【取立委任裏書】
第19条
第20条

第3章 引受 (第21条~第29条)[編集]

第21条
第22条
第23条
第24条
第25条
第26条
第27条
第28条
第29条

第4章 保証 (第30条~第32条)[編集]

第30条
第31条
第32条

第5章 満期 (第33条~第37条)[編集]

第33条
第34条
第35条
第36条
第37条

第6章 支払 (第38条~第42条)[編集]

第38条
第39条
第40条
第41条
第42条

第7章 引受拒絶又ハ支払拒絶ニ因ル遡求 (第43条~第54条)[編集]

第43条
第44条
第45条
第46条
第47条
第48条
第49条
第50条
第51条
第52条
第53条
第54条

第8章 参加[編集]

第1節 通則 (第55条)[編集]

第55条

第2節 参加引受 (第56条~第58条)[編集]

第56条
第57条
第58条

第3節 参加支払 (第59条~第63条)[編集]

第59条
第60条
第61条
第62条
第63条

第9章 複本及謄本[編集]

第1節 複本 (第64条~第66条)[編集]

第64条
第65条
第66条

第2節 謄本 (第67条~第68条)[編集]

第67条
第68条

第10章 変造 (第69条)[編集]

第69条

第11章 時効 (第70条~第71条)[編集]

第70条
第71条

第12章 通則 (第72条~第94条)[編集]

第72条
第73条
第74条
第75条
第76条【手形要件の欠缺】
第77条【準用】
第78条【振出人の責任】
第79条
第80条
第81条
第82条
第83条
第84条
第85条
第86条
第87条
第88条
第89条
第90条
第91条
第92条
第93条
第94条

外部リンク[編集]

  • 手形法(法令データ提供システム)
このページ「コンメンタール手形法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。