料理本/オムレツ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FoodOmelete.jpg

オムレツとは、フライパンを使った卵料理。卵焼きとは違い、葉型のような丸く盛り上がった形をしている。

必要なもの[編集]

プレーンオムレツの場合

材料
  • 卵(3~4)
  • 塩 少々
  • コショウ 少々
  • バター 10g

なお、バターに関しては使わなくてもよい。コショウはなるべく細かいものを使わないと、オムレツが焼き上がったときに、表面にコショウの粒子が見えてしまうので注意が必要である。

道具
  • ボウル
  • 菜箸
  • フライパン(大きさは卵の数に応じて)

作り方[編集]

プレーンオムレツの場合 1、まずボウルに卵を割り、菜箸でかき混ぜすぎないよう注意しながら黄身と白身が混ざるように混ぜる。

2、塩・コショウをいれ全体に溶け込ませる。

  このとき常温に溶かしたバターを加えて混ぜてもいいが、3でフライパンの油代わりに使ってもよい。

3、フライパンを中火で加熱し、オイル(分量外)をしく。

4、熱したフライパンに、1と2で作った生地を少量をいれ、音を立てるくらいに熱せられたのを確認したら、一気に生地を流し込む。

5、すばやくフライパンを上下にゆすりながら、菜箸で生地をかき混ぜ、半熟の状態にする。

6、菜箸でかき混ぜているとき、フライパンの底が見えるくらいの半熟状態になったら、かき混ぜるのをやめ、いったん底を焼く。

7、だいたい5~10秒程度底を焼き、ある程度固まったことを確認したら、一度火からはなしフライパンを立て、両側からこの葉の形になるように折りたたんでいき、火に戻す。

8、フライパンの柄を菜箸を持っている手に当てるような感覚で、フライパンを上下小刻みに揺らし、カーブを使って徐々に裏返してゆく。

9、完全に裏返したら裏面を焼き、生地を密着させる。

10、再び5~10秒程度焼き、8の動作を利用して元の位置へ戻す。

11、元の位置に戻ってきて、裏が焼けているのを確認したら、火を止めお皿に盛りつけて完成

その他のオムレツ[編集]

オムレツの基本はプレーンオムレツだが、中に「チーズ」「ベーコン」「野菜を刻んだもの」などお好みの材料を加えてもよい。また、卵の味付けを変えてみたりと、料理方法は人によってさまざまである。

お好みの材料が入っている場合[編集]

上記の作り方の 2の際にお好みの材料を追加し、後は同様に作ればよい。なお、中の「具」により、加熱時間が変わってくるため注意が必要である。

Wikipedia
ウィキペディアオムレツの記事があります。