コンテンツにスキップ

料理本/タイ料理

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

タイ料理は、その鮮やかな色彩と複雑な味のバランスで知られています。甘味、酸味、辛味、苦味、塩味が巧妙に組み合わされ、香り高いハーブやスパイスが豊富に使用されることが特徴です。ここでは、代表的なタイ料理について紹介します。

代表的なタイ料理[編集]

トムヤムクン (Tom Yum Goong)
トムヤムクンは、エビを使った辛くて酸っぱいスープです。レモングラス、カフィルライムリーフ、ガランガル、唐辛子、ライムジュースが独特の風味を生み出します。
パッタイ (Pad Thai)
パッタイは、タイ風の焼きそばで、ライスヌードルを使用します。タマリンドペースト、フィッシュソース、ピーナッツ、エビや鶏肉、野菜が一体となって、甘辛い味が特徴です。
グリーンカレー (Green Curry)
グリーンカレーは、ココナッツミルクとグリーンカレーペーストをベースにしたカレーです。鶏肉やナス、バジル、カフィルライムリーフが使われ、まろやかでスパイシーな味わいです。
ソムタム (Som Tum)
ソムタムは、青パパイヤのサラダです。唐辛子、ライムジュース、フィッシュソース、ピーナッツ、トマト、インゲンが使われ、辛くて酸っぱい味が特徴です。
カオマンガイ (Khao Man Gai)
カオマンガイは、鶏肉を煮て、そのスープで炊いたご飯と一緒に提供される料理です。特製のソースと共に提供され、シンプルながらも風味豊かな一品です。

タイ料理の地域別特色[編集]

北タイ料理
カオソーイ (Khao Soi)
ココナッツミルクを使ったカレースープに揚げ麺と茹で麺を合わせた料理。
サイウア (Sai Ua)
ハーブやスパイスを詰めたソーセージ。
東北タイ料理 (イサーン料理)
ラープ (Larb)
挽肉とハーブを使ったスパイシーなサラダ。
ガイヤーン (Gai Yang)
特製のタレに漬け込んでからグリルした鶏肉。
中部タイ料理
トムヤムクン (Tom Yum Goong)
前述の辛くて酸っぱいエビのスープ。
カオパット (Khao Pad)
タイ風の炒飯。
南タイ料理
マッサマンカレー (Massaman Curry)
豊かなココナッツミルクとピーナッツを使ったカレー。
カオムッドン (Khao Mud Dung)
黒いもち米のデザート。

タイ料理の基本レシピ[編集]

パッタイの作り方
材料
ライスヌードル200g、エビ100g、もやし100g、ニラ50g、卵2個、ピーナッツ大さじ3、タマリンドペースト大さじ3、フィッシュソース大さじ3、砂糖大さじ1、唐辛子適量、ライム適量
作り方
  1. ライスヌードルを湯に浸して柔らかくします。
  2. フライパンに油を熱し、エビを炒めます。
  3. 卵を加えてかき混ぜ、ライスヌードル、タマリンドペースト、フィッシュソース、砂糖、唐辛子を加えて炒めます。
  4. もやしとニラを加えてさっと炒め、ピーナッツを散らします。
  5. ライムを添えて完成です。
トムヤムクンの作り方
材料
エビ200g、レモングラス2本、ガランガル30g、カフィルライムリーフ5枚、マッシュルーム100g、トマト2個、唐辛子適量、ライムジュース大さじ3、ナンプラー大さじ3、水500ml
作り方
  1. レモングラス、ガランガル、カフィルライムリーフを水で煮立てます。
  2. エビ、マッシュルーム、トマトを加えます。
  3. エビが煮えたら、ナンプラー、ライムジュース、唐辛子を加えます。
  4. 一煮立ちさせて完成です。

まとめ[編集]

タイ料理は、その独特な風味と多様な食材の組み合わせで、食べる人々を魅了します。地域ごとの特色を反映した料理は、それぞれが異なる味わいを持ち、豊かな食文化を形成しています。このページでは、代表的なタイ料理を紹介し、その魅力を伝えることで、読者がタイ料理に親しむきっかけとなることを目指しています。

カテゴリツリー[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディアタイ料理の記事があります。