コンテンツにスキップ

日本国憲法第16条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学憲法日本国憲法コンメンタール日本国憲法

条文[編集]

【請願権】

第16条
何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

解説[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディア日本国憲法第16条の記事があります。


参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
日本国憲法第15条
【公務員の選定・罷免権、公務員の全体奉仕者性、普通選挙の保障、秘密選挙の保障】
日本国憲法
第3章 国民の権利及び義務
次条:
日本国憲法第17条
【国及び公共団体の賠償責任】
このページ「日本国憲法第16条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。