木星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Main Page > 自然科学 > 天文学 > 太陽系 > 木星

NASAの探査機カッシーニによる木星の画像。

木星は太陽系で最大の惑星である。太陽系からは5番目に近い、第5惑星である。

大気と構造[編集]

木星の中心には鉄などの岩石から成る中心核が存在する。核の外側は金属水素やヘリウムの層がある。

表層付近は水素とヘリウムの大気があり、アンモニアの氷や水の氷があると考えられている。

大赤斑[編集]

ボイジャー1号による大赤斑画像。

木星の表層には大赤斑という大きな渦があり長径26000kmであるため地球の直径の約2倍である。

木星の環[編集]

木星は土星のようなはっきりとした環はないがボイジャー1号により発見された。成分はケイ酸塩などで木星の衛星に隕石が衝突した時に環が作られた考えられている。

木星の衛星[編集]

木星のトロヤ群[編集]

木星のラグランジュ点L4とL5[1]の位置は木星のトロヤ群と呼ばれる。

ここに位置する小惑星は木星と公転周期がほぼ同じである。

木星探査[編集]

木星はガス惑星であるため着地できず、フライバイのみによる探査となる。

1973年、パイオニア10号が初めて木星を訪れた。

1979年からはボイジャー計画が始まり、多くの写真が撮影された。

現在も探査機ジュノーなどが探査している。

関連項目[編集]

このページ「木星」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
  1. ^ ラグランジュ点は2天体間の重力が均衡を保てる場所。詳しくはWikipediaのラグランジュ点を参照。