正当防衛

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学刑事法刑法刑法総論正当防衛

正当防衛の意義[編集]

正当防衛は、違法性阻却事由のひとつである。すなわち、正当防衛に該当する行為は、構成要件に該当しても、違法性を阻却され、犯罪として成立しない。

正当防衛の要件は刑法36条に定義されている。

刑法第36条

  1. 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
  2. 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

正当防衛は「不正対正」の関係であるといわれる。すなわち、侵害が違法であることを理由に、違法な行為に対する防衛行為が正当化されるのである。

正当防衛の要件[編集]

侵害の急迫性[編集]

侵害の違法性[編集]

防衛の意思[編集]

防衛行為の相当性[編集]