民事訴訟法第191条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(公務員の尋問)

第191条
  1. 公務員又は公務員であった者を証人として職務上の秘密について尋問する場合には、裁判所は、当該監督官庁(衆議院若しくは参議院の議員又はその職にあった者についてはその院、内閣総理大臣その他の国務大臣又はその職にあった者については内閣)の承認を得なければならない。
  2. 前項の承認は、公共の利益を害し、又は公務の遂行に著しい支障を生ずるおそれがある場合を除き、拒むことができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第190条
(証人義務)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第4章 証拠
第2節 証人尋問
次条:
民事訴訟法第192条
(不出頭に対する過料等)
このページ「民事訴訟法第191条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。