民事訴訟法第53条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(訴訟告知)

第53条
  1. 当事者は、訴訟の係属中、参加することができる第三者にその訴訟の告知をすることができる。
  2. 訴訟告知を受けた者は、更に訴訟告知をすることができる。
  3. 訴訟告知は、その理由及び訴訟の程度を記載した書面を裁判所に提出してしなければならない。
  4. 訴訟告知を受けた者が参加しなかった場合においても、第46条の規定の適用については、参加することができた時に参加したものとみなす。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第52条
(共同訴訟参加)
民事訴訟法
第1編 総則
第3章 当事者
第3節 訴訟参加
次条:
民事訴訟法第54条
(訴訟代理人の資格)
このページ「民事訴訟法第53条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。