民事訴訟法第54条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(訴訟代理人の資格)

第54条
  1. 法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ訴訟代理人となることができない。ただし、簡易裁判所においては、その許可を得て、弁護士でない者を訴訟代理人とすることができる。
  2. 前項の許可は、いつでも取り消すことができる。

解説[編集]

弁護士代理の原則について定めた規定である。

ただし書きはその例外である。これは、簡易裁判手続は簡略であって事件自体も軽微であることによる。

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第53条
(訴訟告知)
民事訴訟法
第1編 総則
第3章 当事者
第4節 訴訟代理人及び補佐人
次条:
民事訴訟法第55条
(訴訟代理権の範囲)
このページ「民事訴訟法第54条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。