民事訴訟法第6条の2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(意匠権等に関する訴えの管轄)

第6条の2
意匠権、商標権、著作者の権利(プログラムの著作物についての著作者の権利を除く。)、出版権、著作隣接権若しくは育成者権に関する訴え又は不正競争(不正競争防止法 (平成5年法律第47号)第2条第1項 に規定する不正競争をいう。)による営業上の利益の侵害に係る訴えについて、第四条又は第五条の規定により次の各号に掲げる裁判所が管轄権を有する場合には、それぞれ当該各号に定める裁判所にも、その訴えを提起することができる。
一 前条第1項第一号に掲げる裁判所(東京地方裁判所を除く。) 東京地方裁判所
二 前条第1項第二号に掲げる裁判所(大阪地方裁判所を除く。) 大阪地方裁判所

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第6条
(特許権等に関する訴え等の管轄)
民事訴訟法
第1編 総則
第2章 裁判所
第2節 管轄
次条:
民事訴訟法第7条
(併合請求における管轄)
このページ「民事訴訟法第6条の2」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。