民事訴訟法第92条の9

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(知的財産に関する事件における裁判所調査官の除斥及び忌避)

第92条の9
  1. 第23条から第25条までの規定は、前条の事務を行う裁判所調査官について準用する。
  2. 前条の事務を行う裁判所調査官について除斥又は忌避の申立てがあったときは、その裁判所調査官は、その申立てについての決定が確定するまでその申立てがあった事件に関与することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第92条の8
(知的財産に関する事件における裁判所調査官の事務)
民事訴訟法
第1編 総則

第5章 訴訟手続
第2節 専門委員等

第2款 知的財産に関する事件における裁判所調査官の事務等
次条:
民事訴訟法第93条
(期日の指定及び変更)


このページ「民事訴訟法第92条の9」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。