コンテンツにスキップ

民事訴訟法第23条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法民事訴訟法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(裁判官の除斥)

第23条
  1. 裁判官は、次に掲げる場合には、その職務の執行から除斥される。ただし、第六号に掲げる場合にあっては、他の裁判所の嘱託により受託裁判官としてその職務を行うことを妨げない。
    1. 裁判官又はその配偶者若しくは配偶者であった者が、事件の当事者であるとき、又は事件について当事者と共同権利者、共同義務者若しくは償還義務者の関係にあるとき。
    2. 裁判官が当事者の四親等内の血族、三親等内の姻族若しくは同居の親族であるとき、又はあったとき。
    3. 裁判官が当事者の後見人後見監督人保佐人保佐監督人補助人又は補助監督人であるとき。
    4. 裁判官が事件について証人又は鑑定人となったとき。
    5. 裁判官が事件について当事者の代理人又は補佐人であるとき、又はあったとき。
    6. 裁判官が事件について仲裁判断に関与し、又は不服を申し立てられた前審の裁判に関与したとき。
  2. 前項に規定する除斥の原因があるときは、裁判所は、申立てにより又は職権で、除斥の裁判をする。

解説[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディア除斥の記事があります。

参照条文[編集]


前条:
第22条
(移送の裁判の拘束力等)
民事訴訟法
第1編 総則

第2章 裁判所

第3節 裁判所職員の除斥及び忌避
次条:
第24条
(裁判官の忌避)
このページ「民事訴訟法第23条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。