民事訴訟法第97条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(訴訟行為の追完)

第97条
  1. 当事者がその責めに帰することができない事由により不変期間を遵守することができなかった場合には、その事由が消滅した後一週間以内に限り、不変期間内にすべき訴訟行為の追完をすることができる。ただし、外国に在る当事者については、この期間は、二月とする。
  2. 前項の期間については、前条第一項本文の規定は、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第96条
(期間の伸縮及び付加期間)
民事訴訟法
第1編 総則
第5章 訴訟手続
第2節 期日及び期間
次条:
民事訴訟法第98条
(職権送達の原則等)
このページ「民事訴訟法第97条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。