民事訴訟規則第155条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(言渡しの方式・法第252条等)

第155条
  1. 判決の言渡しは、裁判長が主文を朗読してする。
  2. 裁判長は、相当と認めるときは、判決の理由を朗読し、又は口頭でその要領を告げることができる。
  3. 前二項の規定にかかわらず、法第254条(言渡しの方式の特則)第1項の規定による判決の言渡しは、裁判長が主文及び理由の要旨を告げてする。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟規則第154条
(証拠保全の記録の送付)
民事訴訟規則
第2編 第一審の訴訟手続
第4章 判決
次条:
民事訴訟規則第156条
(言渡期日の通知・法第251条)


このページ「民事訴訟規則第155条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。