民法第170条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(三年の短期消滅時効

第170条
次に掲げる債権は、三年間行使しないときは、消滅する。ただし、第二号に掲げる債権の時効は、同号の工事が終了した時から起算する。
一  医師、助産師又は薬剤師の診療、助産又は調剤に関する債権
二  工事の設計、施工又は監理を業とする者の工事に関する債権

解説[編集]

上記に該当する債権は、3年間の短期消滅時効に服する。

参照条文[編集]


前条:
民法第169条
(定期給付債権の短期消滅時効)
民法
第1編 総則
第7章 時効
第3節 消滅時効
次条:
民法第171条
(三年の短期消滅時効)
このページ「民法第170条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。