民法第169条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(定期給付債権の短期消滅時効

第169条
年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は、五年間行使しないときは、消滅する。

解説[編集]

定期給付債権については、5年間の短期消滅時効に服する。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第168条
(定期金債権の消滅時効)
民法
第1編 総則
第7章 時効
第3節 消滅時効
次条:
民法第170条
(三年の短期消滅時効)
このページ「民法第169条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。