第1編 総則 (コンメンタール民法)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

このページは、最新の法改正を反映していない可能性がありますのでご注意ください


第1章 通則 (第1条・第2条)[編集]

第2章 人 (第3条~第32条の2)[編集]

第1節 権利能力[編集]

第2節 行為能力 (第4条 - 第21条)[編集]

第3節 住所(第22条~第24条)[編集]

第4節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告(第25条~第32条)[編集]

第5節 同時死亡の推定(第32条の2)[編集]

第3章 法人 (第33条 - 第37条)[編集]

第38条から第84条までは削除)


第4章 (第85条 - 第89条)[編集]

第5章 法律行為 (第90条 - 第137条)[編集]

第1節 総則(第90条 - 第92条)[編集]

第2節 意思表示(第93条 - 第98条の2)[編集]

第3節 代理(第99条 - 第118条)[編集]

第4節 無効及び取消し(第119条 - 第126条)[編集]

第5節 条件及び期限(第127条 - 第137条)[編集]

第6章 期間の計算(第138条 - 第143条)[編集]

第7章 時効 (第144条~第174条の2)[編集]

第1節 総則(第144条~第161条)[編集]

第2節 取得時効(第162条~第165条)[編集]

第3節 消滅時効(第166条~第174条の2)[編集]

このページ「第1編 総則 (コンメンタール民法)」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。