民法第234条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(境界線付近の建築の制限)

第234条
建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。
前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]



前条:
民法第233条
(竹木の枝の切除及び根の切取り)
民法
第2編 物権
第3章 所有権
第1節 所有権の限界
第2款 相隣関係
次条:
民法第235条
(境界線付近の建築の制限)
このページ「民法第234条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。