民法第465条の7

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(保証に係る公正証書の方式の特則)

第465条の7
  1. 前条第1項の保証契約又は根保証契約の保証人になろうとする者が口がきけない者である場合には、公証人の前で、同条第2項第1号イ又はロに掲げる契約の区分に応 じ、それぞれ当該イ又はロに定める事項を通訳人の通訳により申述し、又は自書して、同号の口授に代えなければならない。 この場合における同項第2号の規定の適用については、同号中 「口述」とあるのは、「通訳人の通訳による申述又は自書」とする。
  2. 前条第1項の保証契約又は根保証契約の保証人になろうとする者が耳が聞こえない者である場合には、公証人は、同条第2項第2号に規定する筆記した内容を通訳人の通訳により保証人になろうとする者に伝えて、同号の読み聞かせに代えることができる。
  3. 公証人は、前二項に定める方式に従って公正証書を作ったと きは、その旨をその証書に付記しなければならない。

解説[編集]

2017年改正にて新設。保証人になろうとする者が言語機能障害者又は聴覚障害者である場合に、公証人の口授又は読み聞かせに替える方法を規定したもの。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第465条の6
(公正証書の作成と保証の効力)
民法
第3編 債権

第1章 総則
第3節 多数当事者の債権及び債務

第5款 保証債務
次条:
民法第465条の8
(公正証書の作成と求償権についての保証の効力)


このページ「民法第465条の7」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。