民法第477条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(弁済として引き渡した物の消費又は譲渡がされた場合の弁済の効力等)

第477条
前二条の場合において、債権者が弁済として受領した物を善意で消費し、又は譲り渡したときは、その弁済は、有効とする。この場合において、債権者が第三者から賠償の請求を受けたときは、弁済をした者に対して求償をすることを妨げない。

解説[編集]

  • 民法第475条(弁済として引き渡した物の取戻し)
  • 民法第476条(弁済として引き渡した物の取戻し)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第476条
(弁済として引き渡した物の取戻し)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第478条
(債権の準占有者に対する弁済)
このページ「民法第477条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。