民法第588条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

準消費貸借

第588条
消費貸借によらないで金銭その他の物を給付する義務を負う者がある場合において、当事者がその物を消費貸借の目的とすることを約したときは、消費貸借は、これによって成立したものとみなす。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第587条
(消費貸借)
民法

第3編 債権
第2章 契約
第5節 消費貸借

次条:
民法第589条
(消費貸借の予約と破産手続の開始)
このページ「民法第588条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。