民法第625条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第625条

条文[編集]

(使用者の権利の譲渡の制限等)

第625条
  1. 使用者は、労働者の承諾を得なければ、その権利を第三者に譲り渡すことができない。
  2. 労働者は、使用者の承諾を得なければ、自己に代わって第三者を労働に従事させることができない。
  3. 労働者が前項の規定に違反して第三者を労働に従事させたときは、使用者は、契約の解除をすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

次 第626条(期間の定めのある雇用の解除)

判例[編集]

このページ「民法第625条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。