民法第973条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

成年被後見人の遺言)

第973条
  1. 成年被後見人が事理を弁識する能力を一時回復した時においてw:遺言をするには、医師二人以上の立会いがなければならない。
  2. 遺言に立ち会った医師は、遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名し、印を押さなければならない。ただし、秘密証書による遺言にあっては、その封紙にその旨の記載をし、署名し、印を押さなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第972条
(遺言能力)
民法
第3編 債権
第7章 遺言
第2節 遺言の方式
次条:
民法第974条
(包括遺贈及び特定遺贈)
このページ「民法第973条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。