民法第974条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続

条文[編集]

(証人及び立会人の欠格事由)

第974条
次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
未成年者
推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

解説[編集]

障害のある人も家庭や地域で通常の生活ができる社会を形成しようという理念(ノーマライゼーション)に基づき、未成年者以外の制限行為能力者は欠格事由とならない。

参照条文[編集]


前条:
民法第973条
(成年被後見人の遺言)
民法
第5編 相続
第7章 遺言
次条:
民法第975条
(共同遺言の禁止)
このページ「民法第974条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。